神社とお寺の参拝方法

【神社とお寺の違いとは】

日本古来のお参りをする場所として、日本人の生活に深く根付いているのが神社と寺だと思います。この二つは同じように見られてしまいがちですが、神社とお寺には大きな違いがありますので、しっかりとその違いを把握しておく事が必要かと思います。

【神社とお寺の違い・基本】

神社は神道・お寺は仏教
基本として、神社とお寺では異なる宗教が奉じられているということを覚えておきましょう。神社は、神道を祭るためのものですし、お寺は仏教のためのものです。これは意外と知っている人は少ないのではないでしょうか? 神社とお寺で参拝の方法が違うのは、これが理由です。ではこれを前提として踏まえて、それぞれの参拝方法を見ていきましょう。

【神社の参拝方法】

1.鳥居の前で一礼
神社の入り口には必ず鳥居が設けられています。これは、神様のいる場所への入り口という意味ですので、鳥居の前で身繕いを整えて、一礼してから入るようにしましょう。
2・参道は端を歩く
そして、参道は神様が通る道という意味合いがありますので、道の真ん中は神様に道を譲り、左右どちらかの端を歩くようにしましょう。
3.手を洗い体を清める
そして、境内に入るとすぐに手水舎という水が湧いている場所があります。そこで、手を洗い参拝にあたって体を清めます。
4.本殿にて参拝する
そして、神社の本殿についたら、一礼してから鈴を鳴らし、二礼二拍手一礼をします。これが参拝となります。その後、再び軽く礼をしてから下がるというのが、正しい神社における参拝の方法となります。

【神社での参拝は神様への感謝】

神社への参拝は、神様への感謝のためであるので、参拝の際はぜひそれを意識してみて下さい。

【お寺の参拝方法】

1.お辞儀をして山門をくぐる
お寺には神社のように鳥居はありません。その代わりに、たいていのお寺では山門が設けられています。この山門をくぐる際には、深くお辞儀をして敬意を示すことが必要です。
2.手を洗い心身を清める
そして、山門をくぐると神社と同じように手水舎が設置されていますので、そこで手を洗い心身を清めてから中へ進んでいきます。
3.端を歩いて本堂へ向かう
この際本堂へ進む道はやはり、端を歩くのが基本となります。
4.本堂の鐘を鳴らす
本堂に着いたら正面にある鐘を鳴らします。しかし、寺によっては鐘を鳴らすのに許可が必要なこともありますので、鳴らしても良いかどうか聞いてみると良いでしょう。 鐘を鳴らすのは参拝前に限られていて、参拝した後に鳴らすのは縁起が悪いので避けるようにしましょう。
5.ロウソクと線香を捧げる
そして、用意されているのであればロウソクと線香を捧げます。線香は仏さまに香を焚き崇敬の念を表すためのものですので、 参拝をするためにとても重要なものです。 しかし、最近では火災防止などの理由から火気を避けているところもありますので、許可されているところだけでしましょう。
6.合唱して参拝する
そして、その後本堂に入りお賽銭を捧げ鰐口を鳴らし、一礼の後胸の前で合掌をして参拝をします。

【お寺での参拝は修行の一環】

お寺への参拝は、仏教への崇敬の念を示すと同時に、どちらかというと修行の一環の意が強くあります。

【まとめ】

このように、神社とお寺では参拝方法に違いがあり、その意図も異なります。神社への参拝は「神様への感謝のため」であり、お寺への参拝は「修行の一環」の意味合いがあります。意図や意味合いが理解出来れば、これからの神社やお寺への参拝も今までよりもより楽しくなるのではないでしょうか♪
このエントリーをはてなブックマークに追加