駿河国総社【静岡浅間神社】

【駿河国総社☆静岡浅間神社】

静岡浅間神社(しずおかせんげんじんじゃ)は、静岡県静岡市葵区にある神社。通称「せんげんさん」。

神部神社・浅間神社・大歳御祖神社の三社からなり、「静岡浅間神社」は総称。三社はいずれも独立の神社として祭祀が行われている。式内社二社(神部神社・大歳御祖神社)、駿河国総社(神部神社)。三社合わせて旧社格は国幣小社で、現在は神社本庁の別表神社。

【楼門】

神部神社・浅間神社の楼門で、文化12年起工、同13年竣工。総漆塗で、彫物には「水呑の龍」「虎の子渡し」などがある。また、二層部分に「當國總社・冨士新宮」の扁額が揚げられている。

【大拝殿】

大拝殿は神部浅間両神社の拝殿で、文化2年起工、同11年竣工。楼閣造りで、いわゆる浅間造の代表的なもの。高さ25mあり、殿内は132畳敷きの広さがある。天井は十間の合天井となり、その各間に狩野栄信・狩野寛信の「八方睨みの龍」「迦陵頻伽」「天人」の天井絵を飾る。

【浅間神社☆神部神社】

浅間神社(富士新宮)

●主祭神 木之花咲耶姫命(瓊々杵命の妃神)
●配祀神 瓊々杵命 栲幡千々姫命
●御鎮座 平安時代の延喜元(901年)に醍醐天皇の勅願によって、現在の富士宮の「富士山本宮」のご分霊を勧請し、「冨士新宮」としてお祀りされた。
●御神徳 安産・子授け・婦徳円満の神として信仰される。

神部神社(駿河国総社)

●主祭神 大己貴命 (大国主命の別名)
●配祀神 瓊々杵命  栲幡千々姫命  東照宮
●御鎮座 第十代崇神天皇の御宇(約2100年前)の鎮座と伝えられ、登呂遺跡の時代からの、この地方ではもっとも古い神社であり、延喜式内社である。
●御神徳 境内の少彦名神社の祭神とともに、この国土の経営にあたられた。そのご神徳により、延命長寿・縁結び・除災招福の神として信仰される。

【舞殿】

文化14年起工、文政3年竣工。江戸時代後期に造営された社殿中唯一素木造り。

【手水舎】

【御神水】

【大歳御祖社】

【拝殿】

【本殿】

【手水舎】

●主祭神 大歳御祖命(倉稲魂神・大年神の母神、別名神大市比売命
●配祀神 雷神
●御鎮座 総国風土記によれば第十五代応神天皇四年(約1700年前)の鎮座と伝えられ、延喜式内社である。もとは社名を奈吾屋社とも称した。
●御神徳 往古の安倍の市(静岡)の守護神であり、農・漁・工・商業等諸産業の繁栄の守護の神として信仰される。

【八千戈神社】

入母屋造銅瓦葺で、朱塗極彩色を施す。当神社の造営は御本社に次いで行われ、本殿中・両社本殿に次ぐ大きさである。蟇股には二十四孝を題材とした彫刻が付けられ、立川流の円熟した技を見ることが出来る。

●主祭神 八千戈命(神部神社大己貴命の荒御魂神)

【玉鉾神社】

●御祭神 羽倉東麿・岡部真渕・本居宣長・平田篤胤(国学の四大人)
●御由緒 本社の北側に鎮座。社殿は伊勢神宮の御古材にて昭和51年再建された。。明治9年官許を得て県内の神官により創祀され、受験・学問の神と仰がれている。

【少彦名神社】

入母屋造銅瓦葺で、極彩色を施し、蟇股には立川流干支彫刻がつけられている。干支中「子」「丑」は内部にあり、普段は窺うことが出来ない。

●主祭神 少彦名命
●相殿神 神部神社の末社十四社の神々、 【日少宮・伊弉諾尊】【諏訪神社・健御名方命】【天津神社・高皇産霊神】【内宮・天照大御神】【賤機神社・栲幡千千姫命】【足高神社・味耜高彦根命】【三島神社・大山祇命】【杵築神社・大己貴命】【八幡宮・誉田別命】【伊邪那岐神社・近江国多賀神同体】【宗像神社・三女神】【母神社・稲田姫命】【荒神社・素盞嗚尊】【伊弉那美神社・紀伊国熊野神同体】を相殿に祀る。
●御由緒 境内北部に鎮座。漆塗極彩色。蟇股の十二支の彫刻が有名。当社はもと神宮司薬師社と称し、古くから医薬・酒造の神、技芸上達・知恵の神と仰がれている。

【神馬(叶え馬)】

【社務所】

【麓山神社へと続く階段】

麓山神社へは、境内中央の上の急な階段を登るか、

大歳御祖社の西横にある階段を登って行くことが出来ます。

【麓山神社】

【拝殿】

【本殿】

文政3年起工、天保5年竣工で三間社流造り、漆塗り極彩色を施す。

●祭 神 大山祇命を主神とし、日本武尊を配祀する。
●御由緒 古来、賤機山上に鎮座。「山宮」と称せられた。本社の別宮である。細部に彫刻を配し漆塗り極彩色を施す。主神は本社浅間神社の木之花咲耶姫命の御父神にまします。旧郷社で宮元8ヶ町(安西一丁目・八千代町・安倍町・宮ヶ崎町・御器屋区・浅間ビル区・西草深町・片羽町)の氏神であり、さらに錦町・馬場町・通車町・屋形町・中町・富士見町の本氏神でもある。
●例祭日 4月22日午前10時 祭典終了後、昇殿参拝可。
●御神徳 山の恵み、即ち木材・水利をはじめ、春には田の神として豊穣を掌り、衣食住全般を守護される神。

【賤機山】

麓山神社から賤機山山頂付近は、ハイキングコースになっています。

山頂までの道中の景色は、静岡市内や富士山を眺める事が出来てとても爽快です♪

※足場はあまり良くないので、軽装備でのチャレンジは辞めた方が無難です。

【御朱印】

静岡浅間神社

静岡浅間神社公式サイト↓

【住所】静岡県静岡市葵区宮ケ崎町102-1

【電話】054-245-1820

【案内図】

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です