ブログ

サイト管理人のブログです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

良縁成就&健康祈願漆黒の楼門が美しい愛知県一宮市【尾張国一宮☆真清田神社】

【尾張国一宮☆真清田神社】

愛知県一宮市の真清田神社は、尾張の国の一宮として古くから地元の有力者や地域の人に愛された歴史と由緒のある神社です。市の名前に一宮とある位ですからこの神社がいかに一宮市の人とつながりが深いかとも分かります。

真清田神社の歴史

当社は、平安時代、国家から国幣の名神大社と認められ、神階は正四位上に叙せられ、尾張国の一宮として、国司を始め人々の崇敬を集めました。

鎌倉時代には、順徳天皇は当社を崇敬され、多数の舞楽面をご奉納になりました。その舞楽面は、現在も、重要文化財として当社に保存されています。

江戸時代には、徳川幕府は神領として、朱印領333石を奉りました。また、尾張藩主徳川義直は、寛永8年(1631)当社の大修理を行う等、崇敬を篤くしました。

明治18年には国幣小社、大正3年に国幣中社に列し、皇室国家から厚待遇を受けました。戦後は、一宮市の氏神として、一宮市民はもちろん、尾張全体及び近隣からも厚い信仰心を寄せられ今日に至っています。

尚「一宮市」の名称も当社が尾張国一宮であることに由来しており、全国で「一宮」の名称を冠する自治体は1市6町に及びますが、市制のひかれている自治体は当社の鎮まります一宮市のみとなります。

【楼門】

昭和36年11月竣工。楼上南側に掲げる扁額は、伝聖武天皇ご宸筆の旧額を模して人間国宝平櫛田中氏が彫刻を施した。

※楼門は、本当に見事です!黒が非常に美しいですね♪

【大鳥居】

【冨島稲荷大明神】

【御本殿☆拝殿】

昭和32年10月竣工。同年11月1日に本殿遷座祭が斎行された。ご用材は名古屋営林局より払い下げの木曽檜が充てられている。御本殿内陣中陣の御扉や柱桁などは、特別に伊勢の神宮から下賜された古材を使用している。

【神水舎】

明治11年10月25日、明治天皇が一宮を巡幸されご昼餐の際、この井戸水を御膳水として陛下に奉られた。

【神水舎内にある陰陽石】

【楼門前の手水舎】

昭和20年7月28日の空襲において焼失を免れた。吐水龍は、寛永8年(1631)初代尾張藩主徳川義直公奉納によるもの(現在はレプリカ)。

【服織神社】

御祭神萬幡豊秋津師比賣命(よろずはた とよ あきつし ひめのみこと)を奉祀する。一宮七夕まつりにミス七夕・ミス織物が参列し御衣奉献祭が斎行される。

※神社内に縁結びの赤い糸を奉納する事が出来ます♪

【三末社】

愛鷹社・天神社。犬飼社を奉祀。昭和32年8月社務所南側から当地に遷座した。

【須佐之男社・秋葉社・愛宕社】

須佐之男社・秋葉社は、明治期・昭和期に市内人形町・本町4丁目からそれぞれ移転遷座したもの。愛宕社は江戸期寛文年間の棟札がある。

【御縁楠】

※四連理の楠は、御縁を結んでくれそうですね♪

【神馬】

【厳島社☆八龍神社】

【神池☆開運橋】

【東門】

【東門前手水舎】

【三八稲荷】

【御朱印】

真清田神社

真清田神社公式サイト↓

【住所】愛知県一宮市真清田1丁目2番1号

【案内図】

三嶋大社

【三嶋大社】

御祭神

大山祇命[おおやまつみのみこと]
積羽八重事代主神[つみはやえことしろぬしのかみ]
御二柱の神を総じて三嶋大明神[みしまだいみょうじん]と称しています。

大山祇命は山森農産の守護神、また事代主神は俗に恵比寿様とも称され、福徳の神として商・工・漁業者の厚い崇敬をうけます。

御由緒

御創建の時期は不明ですが、古くより三島の地に御鎮座し、奈良・平安時代の古書にも記録が残ります。三嶋神は東海随一の神格と考えられ、平安時代中期「延喜の制」では、「名神大」に列格されました。社名・神名の「三嶋」は、地名ともなりました。

中世以降、武士の崇敬、殊に伊豆に流された源頼朝は深く崇敬し、源氏再興を祈願しました。神助を得てこれが成功するや、社領神宝を寄せ益々崇敬することとなりました。この神宝の中でも、頼朝の妻、北条政子の奉納と伝えられる 国宝「梅蒔絵手箱 及び 内容品 一具」は、当時の最高技術を結集させたものとして知られています。

頼朝旗揚げ成功以来、武門武将の崇敬篤く、又、東海道に面し、伊豆地方の玄関口として下田街道の起点に位置し、伊豆国 一宮として三嶋大明神の称は広く天下に広まっていきました。

その後、明治4年の近代の社格制度では、官幣大社に列せられています。又、平成12年には、御本殿が重要文化財に指定され、当社の文化的価値の高さも再認識されています。

【大鳥居】

【たたり石】

【若山牧水歌碑】

【厳島神社☆神池】

【総門】

【手水舎】

【神馬舎】

【矢田部盛治像】

矢田部盛治

1824-1871 幕末-明治時代の神職。

文政7年3月3日生まれ。伊豆(いず)三島神社の社主矢田部伊織の養子となり,社殿の造営,社領の開墾などにつくす。戊辰(ぼしん)戦争では伊豆伊吹隊を結成,新政府軍の東進に協力した。明治4年9月死去。48歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。本姓は橋爪。通称は岩吉,式部。

【神門】

【舞殿】

【芸能殿】

【金木犀】

【元神宮斎主お手植えの檜】

【見目神社】

【若宮神社】

【末社】

【本殿】

【水神様】

【河津桜】

【福太郎茶屋】

福太郎餅は200円です♪

※静岡県東部地区にお出かけの際は、是非三島大社にお立ち寄りください♪

三嶋大社

三嶋大社公式サイト↓

【住所】静岡県三島市大宮町2-1-5

【電話】055-975-0172

【案内図】

奥浜名湖のドライブ&開運デートスポット【猪鼻湖神社】

【猪鼻湖神社】

奥浜名湖と猪鼻湖の境にある猪鼻湖神社は、この辺りの道路を通ったことがある人なら「あれっ?こんなところに神社があるんだ?あそこまでどうやって行くんだろう??」と感じた事があるのではないでしょうか?

神社までは、RAKUUN駐車場から徒歩約5分

この橋の脇を降りていきます。

湖添いに少し歩くと

鳥居が見えてきます。

少し相場が悪い階段を上り下りして

赤い橋が見えてきます。

その少し先に小さなお社が有ります。

【拝殿】

御祭神 武甕槌命 市桙姫命

本当に小さなお社ですが、この地にあると何だか物凄い御利益が有りそうです。

※猪鼻湖神社は、浜名湖ドライブ出かけた際には、是非立ち寄ってほしいスポットの一つですね♪

猪鼻湖神社

【案内図】

志太平野最古の社【藤枝市☆飽波神社】

【飽波神社(あくなみじんじゃ) 】

藤枝市の飽波神社は、仁徳天皇6年(316年)に飽波郷(旧藤枝一円)の鎮護の神社として創建され志太平野最古の社と言われています。

【拝殿】

【本殿】

【手水舎】

【湧玉庭(湧玉石)】

【金山神社】

【七ツ森神社】

飽波神社は、下の写真の鳥居をくぐって入る金山神社と七ツ森神社のある森に強い力を感じました。

飽波神社(あくなみじんじゃ)

【鎮座地】静岡県藤枝市藤枝5-15-36

【案内図】

江戸幕府260年の歴史の基礎はここで作られた♪家康が大御所時代を過ごした居城【静岡市☆駿府城】

【駿府城公園】

駿府城公園は、徳川家康が大御所時代の晩年を過ごした居城の跡地に整備された公園です。

【東御門☆巽櫓】

東御門は1996年(平成8年)に日本古来の伝統工法にのっとって復元され、資料館として公開されました。また、1989年(平成元年)に復元された巽櫓は、全国にある城の櫓建築でもほかに例の少ないL字型の平面をもち、駿府城の櫓の中ではもっとも高い櫓でした。両館内では、駿府城公園内より発掘された資料の展示や徳川家康が幼少期の人質時代に太原雪斎から教えを受けたとされる、臨済寺の部屋を復元した「竹千代手習いの間」などをご覧いただくことが出来ます。

【坤櫓】

【徳川家康像】

【紅葉山庭園】

【家康お手植えのみかん】

【銀座柳】

【二の丸水路】

【公園内の木々】

公園内では、四季折々の花を楽しめると思います♪

※駿府城公園では、時間をゆっくりかけて少しのんびりした感じのお散歩デートがお勧めだと思います。

駿府城公園

駿府城公園公式サイト↓

【住所】静岡市葵区駿府城公園1-1

【案内図】