徳川家康ゆかりの名刹【秋葉総本殿袋井可睡斎】

【秋葉総本殿袋井可睡斎】

東海道一の禅の修行道場である可睡斎は悠久六百年の歴史を刻む、徳川家康公が名づけた古刹。現在は、曹洞宗・専門僧堂として多くの雲水(修行僧)が修行をされています。

可睡斎では、精進料理を戴く事ができたり、座禅&写経体験など非日常を味わう事が出来ます。毎年1月から3月はひな祭りが盛大に行われます。5月頃の牡丹祭りや夏に行われる花火大会など、四季を通じてお寺の行事等を楽しむ事が出来ます♪

宗派:曹洞宗(禅三派の第一)
山号:萬松山(ばんしょうざん)
寺号:可睡齋(かすいさい)徳川家康とのエピソードにより改名
創立:応永八年(1401年)
開山:如仲天誾禅師(じょちゅうてんぎんぜんじ)
本山:大本山永平寺(福井)・大本山總持寺(横浜)を両大本山とし、總持寺の直末寺院です。
本尊:聖観世音菩薩を本尊とし、高祖承陽大師(こうそじょうようだいし)と太祖常済大師(たいそじょうさいだいし)を両祖とします。
さらに宗派を越えて古来より火伏せの神とあがめられて全国津々浦々に奉祀 されている秋葉様の日本唯一のご真躰を安置されている秋葉総本殿:三尺坊大権現の道場である。
宗旨:仏祖単伝の正法に遵い只菅打坐(しかんたざ)、即心是仏(そくしんぜぶつ)を承当する事を宗旨とします。
教義:修証義(しゅしょうぎ)の四大綱領に則り、禅戒一如(ぜんかいいちにょ)、修証不二(しゅしょうふに)の妙諦(みょうたい)を実践することを教義の大綱とします。
境内:約十万坪
寺禄:十万石待遇の寺(江戸時代)にして住職は代々僧録司に任ぜられ、伊豆、駿河、遠江、三河を治む僧録所(そうろくしょ)でした。

【本堂】

【瑞龍閣】

瑞龍閣(ずいりゅうかく)は曹洞宗(そうとうしゅう)の古刹、可睡斎の境内に建つ瓦葺き木造2階建ての大規模な迎賓施設です。

第51世の高階瓏仙(たかしなろうせん)斎主(住職)によって昭和12年(1937年)に建築された建物で、設計者は、伊東忠太(いとうちゅうた)の弟子で内匠省技手などを務めた金子清吉(かねこせいきち)です。

桁行33メートルの規模で、広大な座敷の周囲に畳廊下を廻(めぐ)らし、各室内は藤や桜など部屋ごとの主題に因(ちな)む襖絵(ふすまえ)や欄間(らんま)で華やかに飾られています。

【総門】

【山門】

【活人剣碑】

台座は、可睡齋を代表する花であり、中国でも愛されている牡丹と、 作者が制作活動のテーマとしているイルカを題材とし、「日中友好の架橋」となることを願って制作された。

【御真殿】

可睡斎では、秋葉総本殿三尺坊大権現様の御祈祷を受けていただくことができます。 御祈祷を受けていただくには、総受付にて御祈祷の申込用紙に住所と氏名を書き、ご祈祷の申し込みをします。その後、控室にご案内、お茶とお菓子をお出しいたします。
10分ほどで合図の法螺貝が鳴り、御祈祷の合図となります。赤い絨毯を進みエスカレーターで御真殿へ。内陣に十数名の修行僧が整然と並ぶ厳かな雰囲気の中、可睡斎独特の祈祷太鼓に乗せてご祈祷します。可睡斎のご祈祷は災いの火を防ぐ「気づきの場」を皆様にご提供し、心願成就を秋葉三尺坊大権現様にお祈り申し上げるものです。

御真殿には、エスカレーターで上がることができます!!

【高祖廟】

【出世六の字穴】

【奥の院】

【東司】

東司(とうす)は、可睡斎萬松閣(総合受付)東側に建つ約8メートル四方の規模をもつ木造平屋の建物です。

室内の中央に高村晴雲(たかむらせいうん)作の烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)像が祀られ、上部にはあたかも天蓋(てんがい)のような円形の換気口が設けられています。

欄間に組子(くみこ)細工を飾るなど、風雅な意匠を持っています。また、当時、最新の水洗設備を取り入れつつ、禅宗の精神にのっとった空間が作られています。

【かんかん石】

大黒殿前に安置されてる、「かんかん石」は神仏に願を掛ける時、この石を叩いて鳴らしてから祈ると、願は必ずかなうと弘法大師が教えたといわ れます。この石は弘法大師ゆかりのお寺である佐賀県の海蔵寺に伝わるものです。

【精進料理】

通年提供されている精進料理と季節限定(吉兆御膳等)の精進料理を堪能する事が出来ます♪

【座禅体験等】

座禅や写経体験が出来ます♪

【ひな祭り】

毎年1月から3月に開催されるひな祭りは、規模も内容も壮大です!室内牡丹苑とともにゆっくりと見学される事をお勧め致します♡

【売店】

ヘルシーな精進アイスがお勧めです♡

【無料駐車場】

秋葉総本殿袋井可睡斎

袋井可睡斎公式サイト↓

静岡県袋井市久能2915-1